いつもと違う観点から文法へアプローチしてみませんか(2)-iPhone版-

いつもと違う観点から文法へアプローチしてみませんか(1)では
Tae Kim's Guide to Learning Japanese(紹介記事)というサイトを紹介しました。
このサイトは、一般的によく使われている教科書とはちょっと違った考え方・学習方法をオンラインで提供しています。

このTae Kimさんのガイド、 iPhone、iPod Touch、iPad などの無料アプリケーションもあるのをご存じでしたか?
これは、言い換えるとしたら、自分のかばんの中の大半のスペースを占める昔の重い教科書を持ち運ぶのと比べたら、かなり便利で効果大の教材ではないでしょうか。


Tae Kim's Guide to Learning Japanese Application by Ronald Timoshenko (iTunes) Compatible with iPhone, iPod touch, and iPad. Requires iOS 4.3 or later


iPhone, iPod Touch もしくは iPadにアプリケーションをダウンロードすることで、ウェブの全内容が見られます。
つまり、ウェブ環境がなくても、簡単に自分の手元でTae Kimさんの文法ガイドにアクセスすることができます。
Tae Kim’s guideの内容はクリエイティブ-コモンズ(プログラムとデザインはRonald Timoshenko氏)でリリースされているため、ダウンロードは無料でできます。


Tae Kim’s guideのハンディタイプの内容は以下のとおりです。


コンテンツ


1)イントロダクション(Introduction)
2) 表記(ひらがな、カタカナ、漢字)(Writing System):ひらがな・カタカナでは、発音が聞けます。また、書き順アニメもあります。
3)基礎文法(Basic Grammar):基本的な文法構造を見ながら、日本語の文法はどういったものか説明しているレッスンが 11あります。トピックは「状態」から「副詞」や「語尾」について様々なものがあります。
4)重要文法(Essential Grammar): 基本的で実用的な文法をカバーした18 のレッスンがあります。例えば、「丁寧さの度合い」、「可能形や条件形、」そして「依頼する」など。
5)特別な表現(Special Expressions): 全部で13レッスンあります。ここでは、もう少し特別な内容-基本的な内容を肉付け・具体化し、より自然な日本語になるように、独特のニュアンスを伝えるなどといった内容-について述べています。
6)上級レベルのトピック(Advanced Topics): ここでは、それほど頻繁に使われない、または使うチャンスも少ないけれど学習しておいたほうがよいような文法を取り上げています。 例えば、権威的なトーンに聞こえる「である」、現在起こっていることを表す表現「~つつ」など。


Advanced Topics


英語の意味を読む際、緑で点線のあることばや漢字をタップしてください。
(Advanced Topicsでは、今のところ、これはできません)
また、ブックマークアイコン(画面の左下)をタップし、現在の位置を保存しておいて、
後でこのブックマークのところに戻ってくることもできます。


普通のディスプレイ 左下にブックマークのアイコン

読み方や意味を見るときは緑と点線がある文字をタップ


シンプルですっきりとしていて読みやすいです。

「Settings」では、フォントの大きさを変えることもできます(デフォルトのフォントは小さすぎると感じる人もいるかもしれません)。
また、ビュー・ローテーション機能を停止しておくこともできます(これは横になって読むときや、違った姿勢や角度で電話を使う度に角度が変わり画面が変わるのが嫌なときに役立ちます)。


「Night Mode」(ナイトモード)という画面は、画面の背景が黒く文字が白抜きになります。
暗い所で見るには目に優しい機能です。


ナイトモード


「Search」 機能はとても役に立ちます。
日本語ででも、英語でも、調べたいことばや文法を入力します。すると、調べたことばのレッスンやセクションがあらわれます。
自分が知りたいものに一番適しているものを探してください。
この検索機能では、ピンポイントにレッスン内のことばを探しだすことはできません。そのため、特によく表れる一般的なことばの説明や例文を探すときは、たくさんの情報をみなければなりません。


Searchの画面


アプリケーションを立ち上げたら自動的に「Search」タブになるように設定するオプションがあります。これは、Guideから探したものの構造をもう一度見るときや、上級学習者で文法についてチェックするときに便利です。
そうでないと、毎回画面の下にあるツールバーから検索機能を使って探すことになります。


iPhone、iPod Touch、またはiPadを持っているなら、このアプリケーションは本当にお勧めです。
ウェブ版とは違い、英語だけなので、ユーザーのコメントを読んだり、シェアしたりすることはできないかもしれませんが、コンテンツの様々なチャプターはよく書けていますし、多岐にわたる文法をカバーしているので、どこへ行っても、膨大なレファレンスが手元ですぐに見られるということです。
また無料というだけではなく、このアプリケーションはウェブ版のTae Kim’s Grammar Guideをコンパクトにしたものですので、オフラインでも使え、持ち運べるということです(つまり、どこででも調べられるということ)。
このアプリケーションはうまくまとめられていて、簡単に検索できます。



「こんなの探していた!」というアプリケーションかもしれませんよ!


この記事の最終更新日:2011.07.19

コメントの投稿

名前
 
タイトル
コメント
パスワード(設定すると後でコメントを編集できます)