日本語作文作成支援システムなつめ

http://hinoki-project.org/

日本語の新聞や論文やブログのデータベースの中から、単語が実際にどのように使われているのか調べることができます。日本人がよく使っているのか、あまり使わないのか調べることができます。

  • 似ている意味のことばがどう違うのか分かります。
  • どんなことばと一緒に使われることが多いのか調べられます。
  • 助詞(が、を、に、で、から、より、て、へ)のどれと一緒に使うのか分かります。
  • 論文でよく使う書きことばなのか、ブログに出てくる日常生活のことばなのか、調べられます。

How to...


辞書を調べても分からないときに「なつめ」を使ってみましょう。

「学ぶ」と「習う」はどう違うのでしょうか。
「法律を習う」は使うのでしょうか。
「大学に学ぶ」と日本語の本に書いてありますが、「大学で学ぶ」が正しいのではないでしょうか。


「学ぶ」と入れてみます。
「Verbal(動詞)」を選び、「Search」をクリックすると、


よく使われている語が、上から順番に並びます。

ピンク色が太いものが、よく使われていることばです。

「~学ぶ」は、「法律を学ぶ」、「演技を学ぶ」、「医学を学ぶ」が多いと分かります。
「学生」「大学」「学校」も一緒に使われることが多いです。

「~に学ぶ」は、「○○○氏に学ぶ」など、人の名前がいちばん多く使われます。
つぎは、「大学学ぶ」です。

では、「習う」はどうでしょうか?


「~を習う」は、「ピアノを習う」、「バレエを習う」、「ヴァイオリンを習う」が多いと分かります。
音楽や踊り、スポーツなど、体を動かすことでよく使われるのですね。

単語をクリックすると、下に、ジャンル別の頻度が表れます。
「ピアノを習う」は「新聞」や「書籍(本)」でよく使われています。
論文などの書きことばにはほとんど使いません。


このほかにも、複数の語を比べたり、似ている語(similar words)を調べたり、言語学の統計方法で調べたりすることができます。
作文だけでなく、日本語を教えていて使い方がわからなくて困ったときや、日本語の研究にも役に立ちます。

このコンテンツは、東京工業大学留学生センター仁科研究室グループが開発している
日本語学習支援システムの一部です。

この記事の最終更新日:2012.07.18