eな!

振り仮名をつけた自分の語彙リストを作ろう【Google編】

【Excel 編】(紹介記事)では、言選WebとMicrosoftのExcelを使い、
語彙リストを作る方法を紹介しました。
今回は、利用者の多いGoogleのスプレッドシートと言選Web、フリがなツール紹介記事)を使って、自分専用の語彙リストを作る方法を紹介します。

まず、言選Web(http://gensen.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gensenweb.html)を使って、
テキストから専門語彙を取り出します。

このサイトは、「専門用語(キーワード)自動抽出サービス」と書かれているように、
日本語で書かれたWebページやテキスト、PDF(OCR処理済)などから重要度の高い言葉を
自動的に選んでくれます。

例として、語彙リストにしたいWebページのURLを入力し、
「専門用語(キーワード)抽出」を押します。


うまく抽出できないURLもあるみたい・・・。
そんな時はテキストやPDFで試してみよう!


すると、このように文章の中で重要度が高い言葉が上から順に並びます。

このデータをもとに、「Googleスプレッドシート」でリストを作ります。
Google Driveの「新規(NEW)」ボタンを押して、「Google スプレッドシート」を選びます。

「言選Web」の結果をコピーして、スプレッドシートのA列に貼り付けます。

次に、フリがなツール(紹介記事)を使って、漢字の読み方を調べましょう。

スプレッドシートの専門語彙の列(A列)をコピーして、左のボックスに貼り付けます。

「ひらがなに」のボタンを押すと、変換されました。

変換後のデータをコピーし、スプレッドシートのB列に貼り付けます。

では、C列に英語翻訳したデータを入れましょう。
C1のセルに「=GOOGLETRANSLATE(A1,"ja","en")」と入力してEnterを押します。
翻訳したい言語によって、「en」の部分を替えて使ってみてください。
(zh:中国語 ko:韓国語 es:スペイン語 ru:ロシア語 id:インドネシア語 など)

A1の英訳が表示されるので、セル(C1)の右下にカーソルを合わせ、ダブルクリック。

すべてのことばに英訳が表示され、これで専門語彙リストの完成です。

自分の好きなサイトや文章から日本語のことばを集めて、自分自身が使いやすい語彙リストを作ってみてください。


アイデア次第で日本語の学習にいろいろ活用できそう!



この記事の最終更新日:

Keywords