eな!

Bungo Nyûmon (文語入門)

Category
Level

日本の古典を読むための文法や表記が簡単に紹介されています。

  • 序、古語の話し言葉、語彙、正書法、語幹、形容詞、動詞、語形変化、コピュラ、助詞、コンセプトの11の章があります。
  • 語彙では、同じことばでも、古典と現代日本語との意味が違う例などが紹介されています。
  • 動詞や形容詞の活用は、PDFファイルでダウンロードすることができます。

この記事の最終更新日: