多読用サイト集めました!

みなさん、日本語で書かれた本を読んだことがありますか?
「読んでみたいけど、辞書で調べながらはたいへんで・・・」「いつも最後まで読みきることができなくて・・・」という学習者は多いのではないでしょうか。
もっとやさしい読み物があればいいな、もっとたくさんの本を読んでみたいと思っている学習者のために、日本語初級・中級レベルの読み物が多数掲載されている多読用サイトをご紹介します。


KC よむよむ


KCよむよむは、国際交流基金 関西国際センター(KC)で作成した入門・初級・初中級(A1・A2・A2/B1)レベルの日本語多読用図書です。
関西に関連するトピックを中心に、日本の「生活と文化」について書かれた本がたくさんあります。
関西ならではのコメディータッチな文章と絵や写真が使われているので、楽しみながら読むことができます。



読むことに自信のない人も安心してください。A1レベルのすべての本に音声が付いています。
最初は音声を聞きながら、慣れたら音声なしで読んでみるといいですね。



本は、『まるごと 日本のことばと文化』の文法項目、語彙をもとにレベル分けされており、
すべてダウンロードまたは印刷することができます。
サイト内のリンク先に掲載されている製本の仕方を見れば、簡単に本を作ることができるので、ぜひ自分のお気に入りの1冊を作ってみてください。



お気に入りが多すぎて、選ぶのがたいへんや~




読み物いっぱい


初級・中級レベルの日本語で読める、著作権フリーの読み物を集めたサイトです。
日本だけでなく、いろいろな国の文化について知ることのできる読み物が多数あります。



自分のレベルに合った読み物の中から、好きなものを選んで読み始めてください。
作品を読んだら、感想やリクエストなどのメッセージを送ることもできます。



日本語学習読本紹介記事


このサイトでは、自分の力で読めるように工夫された日本語の本を紹介しています。
挿絵付きの昔話や童話、写真が付いた自然や料理についての読み物など、題材もいろいろ。
学習者のレベルや興味に合ったものを見つけることができそうです。



本を最後まで読むことできると、満足感が得られるはずです。
もし、わからないことばや漢字があっても、推測しながらどんどん読みすすめましょう。
楽しんでたくさんの本を読んでいるうちに、日本語が上達しているのを実感できるかもしれませんよ。



よ~し、どんどん読むぞ~



この記事の最終更新日:2019.02.28

コメントの投稿

名前
 
タイトル
コメント
パスワード(設定すると後でコメントを編集できます)